オカルト大百科



わたしたちの歴史において「侍」が重宝されているように西洋世界の中世から近代(395〜1789)の歴訪を語る上で「貴族」の存在は欠かせません。

貴族はその高貴な血を持ちつつも時に常軌を逸っする悪魔じみた悪行をしばし致しました。今回の主人公・エリザベート・バートリー(1560〜1614)もその一人でございます

IMG_0365


彼女はハンガリー王国(現オーストリア)の貴族の産まれでその血筋には同国の宰相(首相、総理大臣)の従兄弟が存在しします。そこへ持ってきて叔父はポーランドの国王ですから昨今話題の上級国民より上級国民らしいですね。

一方では悪魔崇拝者や色情狂(性欲異常者)などの精神障害者を多く排出する栄光と影を生み出しやすい家系のようです。子供のときからエリザベートも気性の激しい荒れた性格だったとの文献が残されています。

優れた美貌と讃えられ、複数の言語を自在にあやつる才色兼備で、気性が激しいながらも14歳の頃にナタージュディ・フィレンツェ伯爵と結婚した。

IMG_0366



フィレンツェ伯爵は粗野で粗暴、知性を磨くより根っからの軍人気質で相性が悪いと思うかもしれませんが案外二人の仲は良好だったようです。何もかも違う夫婦の共通点が究極のサディスティックということ。この伯爵は自分の気に入らない部下に暴力を働き、戦争捕虜には非人道的な行為ばかりをしていてあだ名は「黒い騎士」でした。

​殺人件数〇〇〇人!?



エリザベートの家系は富と権威を受け継くために長年血族婚姻をくりかえし痛風・癇癪・狂気などが遺伝的に見受けられますが、彼女ほど狂気が病的に培養された人間は稀有でしょう。

彼女はある日新入りの侍女のちょっとしたミスで激情し強烈なビンタをお見舞いします。侍女は出血し、その血が少量エリザベートの右手に付着しました、それをふき取ると

「あらびっくり手がツヤツヤになってシワが薄くなったじゃない!?」


とエリザベートは異常に大喜びします(もちろん錯覚ですが)この頃になると夫とは死別し、子供を6人産んでいたので美しかった容姿にも陰りが見えはじめました。彼女は人並みならぬ若さへの妄執があったのでしょう。それによりうら若き処女の血は若返りの霊薬と妄信し、狂気の階段を一気に登っていきました。

領地内の若い女性を片っ端からチェイテ城に呼び寄せ、しばらく栄養のあるもの食べさせ肥えさせます。そしてアイアンメイデン(鉄の処女)で串刺す。

IMG_0382



アイアンメイデンから流れた血液で風呂がいっぱいになったところで入浴していたそうです。

また鉄の鳥籠という拷問の籠に娘を入れ、その内側には針が無数にあります。外から兵士に焼けた棒を突かせて、躍り狂う被害者の絶叫を愉しみながら血のシャワーを浴びました。

IMG_0383




狂気の毒牙は止まることを知らずに下級貴族の娘たちにまでおよんでいく。「レディーの嗜み」だの「礼儀作法」だの適当な理由で呼びつけては年端もいかない少女を惨殺していくのでした。

当然近隣の住人や貴族達は訝しむ。が、「高貴な血」(超上級国民)ゆえに真実が明らかになるまでどうにもならない。ハンガリー王の耳にも噂は届いていたが確たる証拠もなく同状の理由で放置されていたのである。
ある着任したばかりの牧師が虐殺の噂を聞きつけ独自の調査をはじめる。が、エリザベートからの刺客に毒を盛られそうになるも間一髪のところ難を逃れました。それからもそのような事件が頻発しこれでは真実が永遠に霧のなかになりそうに……ところがどっこい丁度その頃チェイテ城から命からがら逃げ出した少女(猛者)がいて、牧師と合流して真実が公表されたのであった。

ハンガリー王家が調査に乗り出したところ、チェイテ城地下の拷問部屋にはすざまじい腐臭と残虐行為が行われた数え切れぬ遺体がゴロゴロ横たわっていて、腐った血の川で地獄絵図だったという。また幾人かの衰弱した被害者も救出される。 のちの検査でも敷地内のあちこちで遺体が発掘され周辺地域を恐怖のどん底へ落としたのです。

1611年の裁判では被害者及び遺族が招かれ、数々の残虐行為が白日の下になった。ナイフで肌を少しづつ切り落としたり性器切断、身体の具合が悪い時は娘たちの腕・顔・乳房をむさぼり千切って人肉を味わったようだ。

このエリザベート・バートリが引き起こした凄惨なる怪事件は貴族世界のなかで大きなセンセーショナルを生んだ。また一般市民の目にも反貴族主義の種がちいさく芽吹いたのは言うまでもない。

裁判の結果、

560人の殺害及び遺体損壊でありながら


血の伯爵夫人 エリザベート・バートリーは死刑にはならなかった。高貴な血(上級国民)を受け継いでいるからだった。代わりに激烈な拷問の末に自白した使用人たちが処刑されたのである。使用人や侍女たちにも無論、責任があるのは述べるまでもない。(拷問や虐殺に手を貸したし)だけれどエリザベートの命令に逆らえば殺害されるのは自分たちですから可哀想とも伝えられていますね。

彼女は自分の「チェイテ城」の一室に幽閉され一日一食わびしい食生活のなか寂しく一生を終えました。エリザベートに反省の色無く、最後まで贖罪という唯一救いさえ感じなかったそうです。

最近では モンスト fgo にバートリーが出ていますね。こんなサイコパス出して良いのかしら…?

明治十二年(1879年)六月十日の朝日新聞に掲載された嘘か誠か、怪獣らしき骨が発見された怪奇事件ご紹介します。

IMG_0361
[注・明治十二年六月十日の朝日新聞の記事]


ただ出典が古い為に現代語訳と地域の噂を統合して私なりに噛み砕いて意訳し掲載します。



春も終わりを迎えた頃、高知県宿毛市の篠山(ささやま)にて猟師が狩りを行っていた。獲物を追っていたが夢中になりすぎた為か谷深く、渓谷の、美しい蘭ばかり生えている場所へ迷い込んだ。(幽蘭)

IMG_0362


彼がその白くうつくしい蘭たちに見惚れていると一本の巨木に辿り着く。それは本当に素晴らしく大きく、樹齢何百年といった壮大なものだった。

猟師がその樹木の根に目を凝らすと人形(ヒトガタ)らしき骨が見える。恐々とさらに接近し凝視、あらわれたものは頭から足先までなんと3問半(六メートル五十センチ)あって48本の歯はどれも鋭利な刃物のように尖っていた。手足の指はかく4本づつしかなかったという。彼は驚愕し、しばらくは身動きがとれなかったが命からがら村へ戻った。

IMG_0364
[注・参考画像]

その晩、「巨大な人間らしき骨を見つけた!」と村人達にこの話をしてもだれも信用しない。しまいには「夢でも見てたんじゃないか」と笑われてしまった。夜通し説明してもちっとも信用してくれない村人に「ならばすこし待っておけ!!」と激怒し猟師は翌日再び同じ場所に辿り着いた。

猟師は頭の骨を持ち帰ろうとしたが重さ十貫(37㎏)はあり一人では持ち帰りが不可能なので、鋭利な牙のような歯を一本折り村に戻った。

その歯をみた村中が大騒ぎ、 都長県庁まで調査に乗り出しその骨は無事回収され調査が終わり次第に展覧会に展示されるらしい。なお地域住民の噂では大猿ではないか? とのこと。



明治の怪事件で見つかった人形の大骨は頭だけで37㎏というのだから相当巨大な図体をしている。のみならず「骨」が野ざらしのまま風化せず何百年もの歳月、そのまま残るとは考えづらい。もしかしたら江戸時代まで六メートルはある類人猿が山の中でひっそりと暮らしていたのかもしれない。人はそれを恐れ慄き

「鬼」

と呼んでいたのしれません。

これらの怪奇事件は明治初期の朝日新聞の記事と周辺地域の噂を統合した物だが、当時は江戸時代が終わってまだ日が浅く不確かなことばかりである。問題の人形の骨が展覧会に出品されたのか、今もどこかにあるのかそれすらも定かではないからだ。
しかし実際に化け物の大骨があるのなら是非私は見てみたい

享和3年(1803年2月22日)常陸国鹿島郡(現・茨城県)の舎利浜に見たこともない形をした舟が漂着しているのを漁師たちによって発見された

IMG_0326



外装は真珠貝の裏側のように複雑な色をしていて香炉の形をなす。上部はガラス張りだった。なお日本風の飾りつけではなく馬や星のモチーフだったらしい。高さ約330センチ、横幅540センチの、例えるならアパートの一室くらいの広さはあった。


漁師たちは気になりその不可思議な舟をよじ登って覗いた。すると美しく波打った赤毛の女がこちらに振り向き微笑するではないか。何かを喋ってはいるけれど皆目検討がつかない。そして彼女の両腕には大事そうに抱えられた黒い箱があった。


IMG_0324



漁師や村人たちは内密に相談し、その女ごと舟を再び海に還す。なぜなら得体の知れないものに関わるのは常に危険が伴うからだった。現代より命の価値そのものが低い時代漁師たちを責められぬ。

これが虚舟の代表的な伝説です。色々なverがありすべてを説明すると助長ですから省きます。



虚舟の真相! 「西洋の上流階級説」



虚ろ舟や赤毛の女、衣服まで日本産や東アジア的要素が皆無といってよい。のみならず、内容の端々にヨーロッパの印象を皆さんも感じるのではなかろうか?それにこの様な絢爛で技術を駆使した舟に乗船できるのは時代を加味すれば上流階級に限られる。
ただいかにこのような舟でも大海に漂えば死が避けられないのは御承知の通りだと思う。つまり自殺行為だ。ならなぜ彼女は虚舟にいたのか。


1.  救命艇説 



1803年、ヨーロッパやアメリカで戦争がいくつかあり、ひときわ目立つのはナポレオン戦争1803〜1816年の大規模な戦争である。

IMG_0327


アメリカ ヨーロッパ  大西洋 フランス領ギアナ インド洋 etc…世界各地で戦争の余波が拡がった、また海戦もあったはずだ。そのなかに女性が一人くらいいても不思議ではなく、また戦争に巻き込まれた一般の乗客船というのもありえる。1803年からイギリスはタスマニア島に植民地を始めた、かなりの数の植民地船が出航したはずである。それにイギリスとお隣のアイルランドは世界でもっとも頭髪の赤毛率が高いことでも知られている。つまり戦争で沈没した船、植民地船の座礁、一般乗客船が海戦に巻き込まれ撃破される。などに乗船していたイギリス人の高貴な身分(貴族令嬢)の赤毛の女性が虚舟(救命艇)で日本まで押し流された可能性も無きにしも非ず。


2.UFO説



虚舟の特異な形状、当時の技術ではガラス張りの舟などまず不可能にちかい。(オーパーツ、失われた技術ならありえるが)できたとしても粗悪な基準でおよそ救命艇の役割は難しいのだ。が、虚舟の参考資料を確認すると

IMG_0334
IMG_0333
IMG_0335
IMG_0336


どことなくUFOの姿形にも見えなくもない。広大無辺な宇宙の海からプカプカと浮遊してきたのかもしれないね。

嘘のような真実があり、信じられてきたことが偽物に化けるかもしれない世界は実に面白い。

このページのトップヘ